FC2ブログ







ハワイ観光の危機的状況 

えーいよいよ12月、ホノルルマラソン、クリスマスと年の瀬の足音がここハワイもよーく聞こえてきます。
今日はタイトルが大げさな感じですが、ちょっと注意喚起をお願いしたいと思います

ハワイのツアーのお楽しみの一つに野生のウミガメ見学があります
そのひとつの有名な場所がラニアケアビーチですが
ここは駐車場がないので道路脇の空き地スペースに停めて道路を横断して海岸へ下ります
その際に行き来する車が止まって渡らせてくれるわけですがこれが原因で渋滞が慢性化しつつあり、
当局がこれに対してラニアケアを駐車禁止にする動きが現実化してきました

駐車場を作ったり歩道橋をつくったりという開発が嫌いなノースエリアなだけにこの動きは止められないでしょう。
おそらくラニアケアでのカメ見学はちかじか難しくなると思います。

当社はすでに見学者の増大してしまったラニアケアにはあまり立ち寄らずにカメは他のマイナーなビーチに密かにご案内していたのですが
今回こちらでも大きな問題が起こっています

そのビーチはホームレスが数人住み着いてるのですが彼らが当局に告発して発覚した事件が
そこにくるツアーガイドの誰かがお客にカメを触らせてると言うのです
実際に僕もその場に遭遇したことがあり、その時は少し注意したのですが
彼(ホームレス)によると常にそうしてるというのです
これが僕が見たガイドと同じ人物なのかは確認できませんが、大変自分勝手なガイドもいたものです。

これにより当社が地味に楽しんでいたエリアも危機的状況になりつつあります、、、、。

近年、カイルアビーチでの営業禁止、ラニカイエリアへの営業車出入り禁止など
おもに日本人観光客の動き(ブーム)を住民運動が条例を作ることでどんどん規制されてきています
当社は一日1グループのみをルールの中でなんとか楽しんでもらってきていますが
このままではハワイの観光はワイキキだけなんてことになりかねません。

自転車でラニカイやカイルアタウンを行き来する日本人にも交通法規の違いを
ヒステリックに諭してる白人のご婦人も良く見かけます
これもおそらくなんらかの問題提起がされることでしょう、、、、。

どうぞ日本から来られる方へ、住んでる人の気持ちも考えて行動してください
ホームレスに注意されるようなレベルでいいのでしょうか?
ましてやガイドがなど何と言っていいかわからなくなります。

レンタカーを借りる方へ

どうぞ交通法規の違いをあらかじめ理解しておいてください
例の一つにハザードを点滅させても停車できない場所は停車できません

自転車を借りる方へ

自転車もバイクに準じた乗り物です
「チャリ」という乗り物のルールとは違います。

カメを見に行く方へ

5フィート(約1.5m)以上離れて静かに見守りましょう
触るのはもちろん大声なんかもタブーです

そしてそれをさせてるガイドさん、PUCナンバーは覚えてます
黒のミニバン女性ガイドさん、、、、ハワイでハワイを売り物にさせていただいてるのですから
もう少しハワイをリスペクトしましょうよ
あなたは何がしたくてハワイに来たんですか?残念です。

、と、ここでこんなこと書いても見てくれてるわけもないし
かといってナンバーから連絡先調べてもめるほどエネルギーもないし、、、
はぁどうしたもんでしょう、、、

ハワイ観光が危機的状況なのも間違いありませんが
ハラダ観光のモチベーションも危機的状況のようです、ちゃんちゃん。


HAVE A NICE DAY!

ハワイブログランキング参加してます! 
応援よろしくお願いします!

ラニカイツアードットコムの日記
↑↑押していろんなハワイのブログを見てください ↑↑
スポンサーサイト

[2013/12/04 16:20] 観光 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lanikaitour.blog64.fc2.com/tb.php/1374-b538a029